aboutus_img1

ライオンズクラブとは

ライオンズクラブとは、世界最大の社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」に所属する単位クラブです。

社会奉仕活動を様々な職域や立場のメンバーがチームワークを発揮して行うことにより、有意義な効果をあげるように組織された友好団体です。

ライオンズクラブ国際協会のホームページはこちら

東京虎ノ門ライオンズクラブの活動

数あるライオンズクラブの中でも、東京虎ノ門ライオンズクラブにおいては、特に「盲導犬の育成」に向けた支援活動に注力をしていることが特徴です。

東京虎ノ門ライオンズクラブでは、「日本盲導犬協会」と連携し、まだまだ総数の不足している盲導犬の育成に向けて、支援活動を続けています。

event
aboutus_img1

日本盲導犬協会とは

日本盲導犬協会は1967年8月に久米建築事務所社長久米権九郎氏、歌舞伎俳優坂東三津五郎氏の意志を受け継ぎ、初代理事長参議院議員迫水久常氏等により厚生省の許可を得て設立されました。

同協会は「目の見えない人、見えにくい人が、行きたい時に、行きたい場所へ行くことができるように、私たちは、安全で快適な盲導犬との歩行を提供する」ことを使命にしており、盲導犬訓練施設の設置運営、訓練士の育成、視覚障がい者福祉諸団体との連携及び協力など、多岐にわたり活躍をしています。

日本盲導犬協会のホームページはこちら

今後の展望

東京虎ノ門ライオンズクラブは、今後も日本盲導犬協会との連携を密にし、盲導犬の育成支援に向けた支援活動を継続していきます。
2016年7月以降はホームページおよびFacebookページにて、更に活発に発信活動を継続していきます。

今後の展望